Ballista

リリース

release

Ballista、プロ人材の採用プロジェクト「坂本龍馬プロジェクト」始動! ~プロフェッショナルギルドを実現し、日本が再び、希望に満ちた陽出ずる国になるために。〜

  • リリース

株式会社Ballista(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中川貴登、以下:Ballista)は、新たな取り組みとして、プロ人材の採用プロジェクト「坂本龍馬プロジェクト」 を開始致しました。
日本の新しい時代を作った坂本龍馬のような仲間とともにプロフェショナルギルドを実現し、“日本が再び、希望に満ちた陽出ずる国になる“ために、さまざまな社会課題解決に向けた取り組みを加速してまいります。

2022年8月に大手コンサルティングファームやマーケティング系の先進企業で活躍してきたメンバーが中心となって立ち上げたBallistaは、今後さらに社会へのインパクトを与えていく基盤を作っていくべく、10→100名のギルドへのコアメンバーを募集します。

非連続な成長を実現する組織:絶え間ない挑戦を続けるプロフェッショナル集団として、日本に希望を取り戻す

組織規模

Ballistaは、設立当初(2022年8月)から半年経たずして約5倍までメンバーの増員を実現しました。3期目には100名まで組織を拡大させることを目指します。

「坂本龍馬プロジェクト」の由来

日本の新しい時代を作った坂本龍馬は、「世界に出たい」という自分の夢に向かって動いた人物であり、多くの人が実現不可能だと思っていることでも成功させられる行動力や突破力、新しい時代の明確なビジョンを持ち、そして、優れた人脈を幅広く持っていました。Ballistaは、そんな坂本龍馬のような仲間とともに“プロフェショナルギルドの実現”し、“日本が再び、希望に満ちた陽出ずる国になる“ために、「坂本龍馬プロジェクト」を発足させました。

龍馬が遺した「世の人は我を何とも言わば言え 我なす事は我のみぞ知る」という言葉、つまり「人がわかってくれなくても、自分がわかっていればそれでいいのだ」というメッセージは、龍馬が日本という国を想い、日本を”洗濯”するために仕事をした37年の人生は、利他の精神に充ちていたことを表す言葉です。この龍馬の言葉は、Ballistaが提唱する「誰しもがプロフェッショナルになれる時代。思考停止を脱却し、意思と矜持を持つ“個“であれ」というメッセージと通じる言葉であり、Ballistaメンバー一人一人がこのメッセージに共感し、社会課題に挑戦し続けています。
個人のプロフェッショナリズムを最大化し、令和の坂本龍馬のプロフェッショナルギルドを実現していきます。

プロフェッショナルギルドとは:Web3時代の新しい働き方と組織として~

プロフェッショナルギルドは、社会課題に立ち向かい、新たな価値を創造するために各方面のプロフェッショナルが集結した組織です。大きな社会課題に対して直接的にアプローチすることに加えて、大企業のDX推進や新規事業創出、組織変革の支援及びアライアンスを通じた間接的なアプローチでの解決を狙います。